肌のしみへの対策方法 美白化粧水人気ランキング・肌のシミ

肌のしみへの対策方法

肌のしみは年齢と共に増え、顔だけでなく手や腕、背中など皮膚の薄い場所や紫外線が直接あたるような場所に出来やすいです。

 

肌のしみの多くは、日焼けで作られたメラニン色素が肌の中に残って沈着し、肌の一部にその色素が残ると、しみになります。

 

また、しみは日焼けによるものだけではなく、年齢やストレス・睡眠不足のほか、肌の炎症・肌荒れ、ホルモンバランスの崩れなども原因となるようです。

 

それと、怪我や摩擦などの傷によっても、しみとなり残ってしまう事があります。

 

皮膚への刺激や摩擦は十分注意し傷が出来た場合も必ず傷跡が残らなくなるまで治療をして、しみとなって残らないように注意が必要です。

 

洗顔の時も皮膚をゴシゴシと摩擦をする事で、しみの原因になるそうなので、必ず泡で洗顔をすると良いそうです。

 

また、外出時には日焼け止めクリームや美白剤を必ず塗って紫外線によるシミに対策が必要です。

 

一旦しみが出来てしまうと、薄くはなっても完全には消えないようですが、しみができにくい肌を作ることは可能だそうです。

 

特に有効なものとしてビタミンCです。

 

ビタミンCの中でも、ビタミンC誘導体は、従来のビタミンCと比較しても吸収力が非常に高いため、しみへの効果は良いそうです。

 

ビタミンC誘導体が入った化粧品や美容液を直接しみに塗ったり、食事やサプリメントでビタミンCを摂取することもお勧めです。