美白化粧水の効果的な使い方

美白化粧水の効果的な使い方

今50代前半ですが、若い頃は全く日焼けのことは気にしませんでした。また20代の頃からオーストラリアが大好きで、

 

暇を見つけては遊びに行っていました。また子供が生まれてからはオーストラリアの学校に体験入学などで入れていました。

 

その際の送り迎えは車がないので、徒歩かバスでした。その時は子供のことしか考えてないので、子供に帽子はかぶせても自分の

 

ことは後回しでした。オーストラリアから帰ってくると妙に腕に斑点が増えたな、くらいにしか思っていませんでした。

 

 

 

そんなある日たまたま訪れたエステサロンで隠れたシミをチェックする機械を利用しました。

 

利用する前からエステティシャンの人が困ったような顔をしているので不思議に思っていましたが、結果は惨憺たるものでした。

 

というより、機械を利用する前から、私の顔のシミは本当にひどいことになっていたようです。

 

若い頃から化粧が嫌いで、いつもすっピンでいた私はバリア無しにオーストラリアの紫外線を浴び続けていたのです。

 

シミ・くすみを解消する化粧水はこちら

 

それから少しずつ改善していく努力をしました。今の私の状態はあまりにひどいので、乾いた地面に水は入らないと言われました。まず普通の化粧水で肌を柔らかくして、少し時間をおいてから美白化粧水を使うようにしました。

 

普通の化粧水は手で優しく肌に入れ込むようにして、そのまま手のひらでパックをします。5分以上置いてから、美白化粧水をまた同じように手で入れ込みます。今度はその後ラップでふたをしてまた5分くらい置きます。そうすると肌がしっとりして、

 

ひび割れた大地に水が浸透するように美白化粧水がしみるような気がします。